それでも猫は出かけていく

ハルノ 宵子による自宅周辺の猫にまつわるエッセイ。
自宅に野良猫が自由に入れるようにしてあるため、飼い猫だけでなく近辺の猫コミュニティの様子が描かれる。
また元々体の弱い猫が多いので、懸命なサポートぶりから猫への無心な愛情が感じられる。
一見そこらにあふれる猫エッセイのようだが、著者の父親が思想家・詩人の吉本隆明なので話は違ってくる。
特に連載中に同居していた吉本隆明が亡くなっているため、病状や晩年の様子も描かれている。
また父が父なら妹はよしもとばなな。当然妹も登場する。
帯文はやはり猫好きとして知られる町田康。

書名:それでも猫は出かけていく
著者名:ハルノ 宵子
文庫:229ページ
出版社: 幻冬舎
発行:平成30年2月10日初版
状態:1読のみの新古本です。書き込みや破れなどはありません。


◆注意事項
・タイトルの/以降は検索用に表記しているものです。
・定休日は取引を休止しておりますので予めご了承願います。
・購入手続きのタイムラグで手続きは完了しているのに品切れとなる場合がございます。その際はご容赦ください。
・当方からの連絡に対し48時間以内に御返信頂けない場合はご購入を取り消しさせて頂きますのであらかじめご了承願います。


◆ショップ情報
・最新情報はツイッターもご確認ください → https://twitter.com/TumblinDice2014
・amazonで販売している商品はこちら → http://amzn.to/1mmCVpB
・ヤフオクでの評価 → http://bit.ly/1WldvVg
型番 bk00001
定価 583円(税43円)
在庫状況 在庫 1 売切れ間近!
販売価格
432円(税32円)
購入数